グルメワールド お菓子・パン・料理研修
WHAT'SNEW 会社案内 お問合せ 個人情報保護方針 グルメワールドTOP
パリ ベルエ・コンセイユ プロフェッショナルコース

本プログラムの日本受付は、2015年3月にて終了致しました。
プログラム詳細に関しましては、パリ・ベルエ・コンセイユHPより、学校へ直接お問い合わせください。(英語またはフランス語でのご対応となります)

*弊社トップページ、【パリ本校HPはこちらから】より移動できます。








 レギュラープログラム(プロフェッショナルコース)
アントルメ・グルマン3日間コース 体験   


◇◆◇◆◇◆◇◆1日目◆◇◆◇◆◇◆◇
3つの短期講座が同時にスタートする。8時過ぎに、長期講座を含む全講座の生徒が一階ホールに集まり、学校案内ビデオを鑑賞。ぺリュション校長より講師と生徒が紹介された後、それぞれの教室に分かれる。

8:30             授業開始
ぺリュション先生よりレシピが配布され、3日間に製作するアントルメの種類と作業の流れを確認。1日目はビスキュイなどのベースづくりが中心。

10:35          15分の休憩

10:50            講座再開
引き続きパーツをつくっていきます。

12:00              昼食
講師一人と、3つの短期講座の生徒全員で、学校近くのビストロで昼食。授業外の気軽な雰囲気の中で、会話がさらにはずむ。

13:30              再開

15:30           10分休憩
ひと通りのパーツが完成したところで、少し休憩。
このあとは2種類のアントルメをモンタージュ(組み立て)する。

15:40            講座再開
次々とケーキを組み立てていきます。

この日は、17:10に終了。


◇◆◇◆◇◆◇◆2日目◆◇◆◇◆◇◆◇
「エクラ・オ・ゼビス」「デジール・米リーズ」「赤いフルーツのティラミス」など、残りのアントルメ8種をモンタージュする。初日に作っておいたビスキュイやクリーム、ムース、フルーツを重ね、仕上げのデコレーションを翌日に残して終了。



◇◆◇◆◇◆◇◆3日目◆◇◆◇◆◇◆◇

すべてのアントルメをデコレーションして仕上げる。周囲にまいたり飾り用のチョコレートや砂糖細工づくり、ムースの絞り出し、フルーツでの飾りつけ、ゼリーやチョコレートによるグラサージュ仕上げなど。

授業の最後に、作品を各教室に展示する。授業が終わり、自由に見学したあと、全講座の生徒が一回の教室に集合。ぺリュション校長によりサティフィカが手渡される。特製カクテルで乾杯して修了を祝い、作品を試食。
生徒はフランス各地から集まっているため、修了と同時に駅に向かい帰路につく生徒も。