グルメワールド お菓子・パン・料理研修
WHAT'SNEW 会社案内 お問合せ 個人情報保護方針 グルメワールドTOP
フランスお菓子 
ベルエ・コンセイユ アンバサドゥール ジャポン
フランス・パリで最高峰のプロのための製菓学校
「ベルエ・コンセイユ」で学ぶフランス製菓研修・留学!!!



製菓学校「ベルエ・コンセイユ」とは


近年、フランスの有名お菓子職人(パティシエ)が日本にお店をオープンさせ、フランスのお菓子が大変人気を呼んでいます!!!

本場フランスでのお菓子研修・留学も夢ではありません。
弊社では、フランスのお菓子職人(パティシエ)のプロの方、フランスのお菓子が大好きな方、フランスのお菓子を本場フランスで勉強したい、という強い情熱をお持ちの方・・・の気持ちにお応えするため、エコール ベルエ・コンセイユ アンバサドゥール ジャポンにしか出来ない、フランスの菓子の最高のプログラムをご用意しています!!!

・・・・・・☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆・・・・・

フランス パリにある「ベルエ・コンセイユ」は、21年の実績を持ち、フランスのお菓子業界で知らない人がいない最高峰の製菓学校です。プログラム参加者として、皆さんがご存知の有名お菓子職人(パティシエ)、

ピエール・エルメ  ジェラールミュロ  
ジャンポール・エヴァン  ストレー
ホテル・ムーリス  ピエール・マルコリーニ
オーベルジュ・ド・ペールペールビーズ 

等、多くの有名なお菓子職人(パティシエ)からも信頼され、それぞれのシェフパティシエの方が、ベルエ・コンセイユで伝統的なお菓子はもちろん、新しいレシピの勉強、トレーニングや技術ブラッシュアップの為のプログラムに参加しています。

・・・・・・☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆・・・・・

フランス パリ本校または日本での特別なフランスのお菓子のプログラムでは、伝統的なフランスのお菓子から、最新のフランスで今注目されている最先端のお菓子まで、フランスの伝統菓子の基礎をしっかり守りながら、フランスのお菓子の新しいアイテムを指導してもらうことが出来ます。

本場フランスのトップお菓子職人(パティシエ)から技と味を習得できる夢のようなお菓子留学・研修です!「見て美しく、食べて感激するほど美味しい」ベルエ・コンセイユの本場フランスのお菓子を求めて、フランスお菓子研修・留学に行きましょう。先ずは、フランスお菓子職人(パティシエ)への道の第一歩を!!











エコール ベルエ コンセイユ校長
M.O.F.Jean Michel PERRUCHON
(ジャン・ミッシェル・ペリュション)


パリのフォーション、ルノートル等有名店を経て、1993年M.O.F.(Meilleur Ouvrier de France:フランス最優秀技能者)を取得。多数のコンクールで優勝経験があり、又数々の審査員も勤めながら、1990年7月、G.J.ベルエ氏と共にパリにプロのお菓子職人を対象とした【エコール・ベルエ・コンセイユ】を開校。そして2006年、ベルエ氏に代わり同校最高責任書に就任。設立から21年目の現在も、伝統の技術、味を大切にしながら、常に最先端のお菓子を世界中に拡める活動を続けている。




ベルエ・コンセイユはそのレベルの高いレシピ、又ヨーロッパの数々のコンクールにて優勝する等、輝かしい経歴の持ち主である素晴らしい講師陣によるプログラムで、パリの製菓学校の中でもトップレベルの授業が受けられます。基本〜応用まで幅広い要望にお応えします。






毎月開催のレギュラープログラムでは、新コースが続々と登場です。
ジョアン・マルタン先生による、ティーケーキのコースは、大変人気で、昨年に引き続き、日本での来日特別講習会のメニューにも登場します。

またオリビエ先生による、世界のお菓子のコースも新設。
フランス菓子だけでなく、シフォンケーキやベルギワッフル、マフィン等、幅広いお菓子を学ぶ事ができます。基本的なお菓子も、ベルエ・コンセイユのレシピ&技術にて、新しく生まれ変わります♪







講師陣のプロフィールはベルエ・コンセイユHPにてご確認頂けます。
http://www.ecolebellouetconseil.com/











゚・:,。*:..。o○☆Bellouet News゚・:,。*:..。o○☆


★ユーロパン2016 ベルエ・コンセイユブース出展
http://www.europain.com/

2016年2月5日(金)〜9日(火)、パリ・ノール見本市にて、世界最大級の製パン製菓見本市が開催されました。ベルエ・コンセイユもブースを出店し、ジョアン・マルタン先生、フランク先生等、講師陣がデモンストレーションを行い、会場を沸かせていました。
ペリュション校長、前校長のベルエ氏も会場を訪れ、ベルエ・コンセイユの素晴らしいお菓子技術を広める活動をしました。

*ベルエ・コンセイユの【facebook】より、写真を見ることができます。


★2015年10月 【チョコレートマスターズ】審査委員長にペリュション氏!

http://www.worldchocolatemasters.com/en/42

2015年10月28日(水)〜11月1日(土)、パリはポルト・ド・ヴェルサイユにて第21回差【サロン・ド・ショコラ】が開催されました。その中で、28日からの3日間、チョコレートの世界大会である【ワールド・チョコレート・マスターズ】決勝戦が行われ、この世界一のチョコレート職人を決める大会の審査委員長として、ペリュション氏が選ばれました。また、フランス国代表審査員として、元ベルエ・コンセイユ講師である、M.O.F.エマニュエル・リヨン氏が選ばれました。

ベルエ・コンセイユは今年で27年、本校の講師陣のレベルの高さが改めて評価されました。

本大会詳細は、下記URLにてご覧いただけます。
http://www.worldchocolatemasters.com/en/





★2013年SALON SHIRA(シラ)国際食見本市にて★

フランス・リヨンにて、2013年1月に行われました本見本市にて、今年もベルエ・コンセイユはブースをオープンし、飴細工のデモンストレーション等を行いました。

デモンストレーションを行ったのは、本講師ジョアン・マルタン先生。過去、本大会にて飴細工コンクール準優勝に輝いた事のある彼の作品はとても美しく、技術面でも大変評価され、会場をわかせていました。




★★★ 祝 新M.O.F.の誕生!! ★★★

2011年5月に行われたM.O.F.(フランス国家最高職人)の審査において、本校講師、ギョーム・マビョー氏が見事難関を突破し、M.O.F.の称号を獲得しました。これにより、ベルエ・コンセイユには、ペリュション校長とマビョー氏2人のM.O.F.職人を有する、製菓学校となりました。益々の活躍に期待です!!
→ギョーム先生は、ご自分のお店をOPENされ、2012年に本校を退職されました。







★★ジュリアン・アルヴァレス先生金メダル獲得★★

2011年1月23日〜24日にフランス・リヨンにて開催されました。クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2011にて、ベルエ・コンセイユ講師、ジュリアン先生がスペイン代表チームとして参加。見事金メダルを獲得しました。
これにより、本校の講師陣のレベルの高さが改めて評価されました。



大会の結果は下記の通りです。

金メダル:スペイン
銀メダル:イタリア
銅メダル:ベルギー
第4位 :日本 

クープ・デュ・モンド・デュ・ラ・パティスリー2011公式HP
http://www.cmpatisserie.com/2011/


Julian ALVAREZ先生(ジュリアン・アルヴァレズ)
2010年度より、パリの人気パティスリー“パティスリーデ・レーヴ”の現場より大抜擢され、パリの最先端のお菓子を知る講師として活躍中。
今、製菓業界でもっとも注目を浴びる若きパティシエの一人。



















★★★ベルエ・コンセイユ講師 新作アメ細工の発表★★★
フランス有名雑誌【LE JOURNAL DU PATISSIER】にジョアン・マルタン先生のピエス作品が掲載されました。アメ細工のコンクール“Coup d'Europe"にて準優勝に輝くなど、その実力はヨーロッパにて高く評価されています。













★★★クリストフ・ミシャラク氏 ベルエ・コンセイユ若き講師に期待★★★

ベルエ・コンセイユ講師、ジョアン・マルタン先生による、2010年4月に行われたアントルメ&プティガトーのレギュラープログラムの作品を、ミシャラク氏の公式ブログにて紹介しています。2010年4月に行われたアントルメ&プティ・ガトーのクラスの写真です。マルタン先生は、フランス製菓全般はもとより、Coupe d‘Europe(SIRHAで行われるアメ細工のコンクール)にて2位に輝くなど、アメ細工・ピエスモンテの技術も高く、主にレギュラープログラムを担当しています。

クリストフ・ミシャラク氏によるベルエ・コンセイユ&マルタン先生に関するメッセージ&講習会お菓子写真は下記アドレスにてご覧頂けます。(フランス語)
http://www.amabilia.com/blogs/passionsgourmandes/?p=3262






★★★ペリュション校長 フランスM.O.F.のシェフたちによるレシピ本"Les Meilleures RECETTES des Meilleurs Ouvriers de France"に新作を紹介★★★

2009年10月、フランス料理・菓子M.O.F.の本が出版されました。本書はアントレ、メインディッシュ、フロマージュ、パン、デザート、テーブルアート、ワインの項目で構成され、各分野のM.O.F.保持者がレシピを掲載。本書の製作者の中にはジョエル・ロビュション氏も名を連ねております。ペリュション校長はアントルメ・フュージョンより、Le Banyulsを出品。ヨーロッパでの活動も益々盛んになって参りました。
写真:"Les Meilleures RECETTES des Meilleurs Ouvriers de Franceより







★★★ベルエ本 Entremets Petits Gateaux FusionGourmand World Cookbook Award 2009 審査員特別賞を受賞!★★★


スペインのマドリッドに拠点を置き、世界各国の料理とワインの本の普及を
目的として活動するGourmand Internationalが主催する料理とワイン本の
コンクールにて、ジャンミッシェル ペルションのEntremets Petits Gateaux Fusionが
審査員特別賞を受賞した。2009年のコンクールには、136カ国から合計6,000本が
参加し、料理本は41カテゴリーに、ドリンク本は18カテゴリーに分けられて審査が行われた。
2010年2月11日にパリで行われた授賞式にペルション氏も参加。
Gourmand World Cookbook Awardに関する詳細はwww.cookbookfair.com




★★★サロン・ド・ショコラ・パリ2008★★★
2008年10月29日〜11月2日の5日間、パリ ポルト ドゥ ヴェルサイユにて第14回 サロン ド ショコラ パリが開催され、会場内特設ステージで行われた毎年好評のLE DEFILE “TENDANCES CHOCOLAT-2008 ”ショコラ ドレスファッションショーにペルション氏が参加。


世界的に活躍し、東京でもBeamsやUnited Arrowsを手がけるデザイナーLovisa Burfitti氏のエスプリを基本にしたデッサンをペルション氏がショコラで表現。
10月28日の前夜祭にて女優のAxelle Laffontがモデルとして観客に披露した。


今回のショーには計27組のデザイナーとパティシエ・ショコラティエが参加したが、デザイン性に走りショコラ使用量が少ないドレスが目立つ中、ペルション氏作の計5Kgのショコラのミニスカートは、モデルの愛嬌たっぷりのプレゼンも手伝い観客から大きな拍手を受けた。11月1日、ベルエ・コンセイユの協賛会社カカオバリー社の特設ブースにて、校長ペリュション氏を含め5名のベルエ・コンセイユ講師が特別製菓デモンストレーションを開催した。ペリュション氏、ロイック ブレ氏がチョコレートのピエス計3品を作成。

他3名の講師がチョコレートを基本材料としたアントルメ、プティガトー8品を作成。


ワールドチョコレートマスターコンクール フランス国内選考会場後を利用した特設ブースには終日絶えず入場客が訪れ、プロ&アマ問わず熱心に講師達の作成するチョコレートの芸術に見入っていた。